R74 10km「ランニングシューズ」

5月のはじめに走りはじめた頃は、リーボックのランニングシューズを履いていました。確かあれは6年以上前のこと、ユニオンスクエアーのスポーツ専門店 Paragon Sports のクリアランスのコーナーで、サイズがぴったりだったあのシューズを見つけました。これでイーストリバー沿いでも走ろう!っと当時ローワーイーストに住んでいた僕は、思い立って購入しました。その後2度だけ、5ブロック程東のイーストリバー沿いにあるランニングトラックまで走ったのを最後に、箱にもどされクローゼットの奥にしまわれたままになっていました。3年前にアッパーウエストサイドに引っ越しする時も捨てなかったのはどこか後ろめたさがあったわけで、新たに走りはじめてその靴を履けたのは、貯まったツケを一気に返せたようでとても気分が良かったのです。しかし、履いてはいなかったとはいえさすがに6年も放置していた靴 、経年劣化のせいで固くなったゴム底の一部がアッパーから剥がれはじめ、2ヶ月も立たないうちに新しい靴を買うことにりました。

6月の終わり頃、家の近所のランニング専門店、その名もSuper Runners Shopに靴を見に行きました。お店に入ると絶妙な色合いのNIKEや真っ黒なNEW BARANCE、変わった靴底のADIDASなどが目を引き、どれにしようかわくわくしました。お店の人がさっそくアドバイスしてくれるのですが、まずは裸足で歩いて見ろと言うのです。さらに体重と週に何れくらい走っているのか訪ねられ、「週に5日、距離は4マイル程」っと僕は実際の週4日3マイルより少し多めにそして得意げに伝えました。そして彼女が進めてくれたのが今履いてるBrooks Adrenaline GTS 12というモデルなのです。最初見た目が気に入らず、あのAdidasはダメなの?とか、このオレンジ色のはダメなの?と訊いたのですが、僕の足は「幅広でアーチが低め、地面を踵の外側から足先の内側を使って蹴る傾向があるので、これしかありません。」っと言い切られてしまい、テンションが一気に下がったのを憶えています。見た目は大事なのですよ。どうにも購買欲が下がってしまい目を泳がせていたら、「もしも僕が足の踵からではなく平の部分で着地するならば、PureFlowというモデルは走り安い」とすすめてくれました。随分軽装な感じのこの靴、例えばこれで10マイル(16キロ)走っても大丈夫なのか訊いたら、彼女はこのPureFlowで20マイル走るとのこと。さっき4マイルと僕が得意げに言ったときの彼女の表情の意味がわかりました。さてさて、履いてみるとPureFlowは足先が靴の中で自由に動く感覚、Brooks Adrenaline GTS 12の方はフィット感がありましました。クッション性に優れて、足の内側をサポートすると言うことだっので、このAdrenaline GTS 12を買って、現在この靴で309キロ走るに至と言うわけです。

Brooks Adrenaline GTS 12

とても気に入り、おかげでその後毎日のように走っています。何も考えずに足を動かしてどんな風に着地しても、それをうまく受け止めて推進力に変えてくれるうな安心感があります。 それにこのさえ見た目なんかどうでもいい。というよりこれカッコいいかも?と思うくらいなのですが、実は最近すこし違和感を憶えはじめています。この靴のクッション性や足の内側のサポートは素晴らしいのだけど、もしかするともう少し地面を感じて蹴る感覚があった方が楽しく楽なんじゃないか?とか、そういえば走る時はいつも踵からではなく、足の裏の中心より少し前で着地する様に意識しているし、足の運びもなるべくまっすぐに地面を蹴る様に心がけているので、かえってこのサポートが邪魔になっているんじゃないかとか、走っている間靴に意識がいっている時間が多くなっています。少し走れるようになって、といっても10キロを1時間で走るのがやっとですが、あの店員さんがすすめてくれたこのAdrenaline GTS 12の意味が今とてもよく理解ます。Brooksのサイトにある靴選びのアドバイザープログラムでも、やってみるとこの靴しか出てこないから、それを瞬時に僕にアドバイスしてくれたあの人はさすがですね。というわけで今はもう一つのPureFlowに興味新々。

Brooks PureFlow

しかし冬になったら冬専用の靴がいるのかな? 走るのはタダでは無いですね。でもジムに通うよりは随分安いですよね。

さあ走ろう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>