東京には駒沢オリンピック記念公園がある

R241 10Km
photo

家族を連れて東京に移り住んでから半年になろうとしています。引っ越しの準備や仕事の整理や友との別れなど、15年間暮らしていた街を離れるのは力仕事を要し、また、日本に戻ってからはお役所手続きや住居探しと新しいことの連続でした。それらはブログ更新をしないいい口実でしたが、その間も現在も継続して走り続けています。これからも不定期に更新出来ればと考えています。

まずはお伝えしたい!ニューヨークを離れる数週間前にハーフマラソンンに出場し無事に自己ベストで完走しました! 1時間48分46秒。自己ベストといっても大会で走るのは初めてだったので、大会までの数ヶ月間、週末にトレーニングとしてハーフマラソンの距離走っていた時の記録との比較です。2時間以内を目標としていたのでとても満足のいく結果でした。大会が驚く程手際よくオーガナイズされていたことに感動しましたし、参加者達がこのイベントを楽しみ、祝うのを目の当たりにしました。子供は楽しくなると思わず走りますね。大変大げさな言い方をするならば、走ることでこの世に生を受けたことを喜び感謝するイベントだったように思います。

日本に帰国し東京に定住するまでの間、九州や東海地方に滞在していたのですがその間もその土地土地で走ることが出来ました。由布院温泉ではとてもいいコースを見つけたのでいつか紹介します。

現在は一周2.2キロの駒沢オリンピック公園がホームコースになっており、それを3-5周するのが定着しています。1964年の東京オリンピックの為に建設されたスタイリッシュなスタジアムや体育館が望める広場を走るあたりが最もこの公園を象徴しています。東京もみんな走っているから大きな違いはありません。ただやはり一周9.7キロのセントラルパークの完璧さは奇跡的だと思います。あの坂を駆け上がり、あのカーブを曲がってと頭の中ではっきりと思い出すあの景色。実際そのような方は多くいらっしゃるのですが、駐在員としてニューヨークに住まれる方はセントラルパークの側に住んで毎日走らないともったいないですよ。と強く訴えたいです。

それでも、ひとつ手に入れた事実。走りはじめて5キロを過ぎたあたりから燃焼モードが切り替わり、体は自動運転のよう。そうなるとあらゆるものから開放される。それはどこに住んでいても、自分がどんな状況に置かれていても。ニューヨークは僕にとって第3の故郷で色んな経験をしましたが、最後にセントラルパークで手に入れた走る生活習慣は出来るだけ長く続けたいと思います。

今年も残り少なくなってきました。新たな年を東京で迎えます。もっと走ろう。東京ランナーの聖地皇居も走ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>