R82 10km「美味しく走ろう」

自然史博物館やセントラルパークのお城 Belvedere Castle に掲げられた国旗が、3分の1程天辺より下げられ、弔意が表さた半旗になっていました。どうしてだろう?リビアの米大使が殺害されたからか、それとも9.11週間なのか。はたまた先月亡くなり13日に追悼式典が行われたアームストロング船長を惜しんでのことだろうか? いずれにしても半旗を見るとそこに込められた国家の意思、尊敬や追悼の念が厳格さをもって伝わってきます。他国のものであれ国旗を踏みつぶすような行為は、とても愚かだと言わざるをえません。

おっと、ニュースを聞いていたら話が逸れました。。。

人類で初めて月面を歩いたニール・アームストロング船長と言えば、月面をピョンピョン跳ねるシーンが印象的です。月の重力は地球の約6分の1。人は地球の重力から解放された宇宙に出ると、筋力は衰え、骨はカルシウムが血液に溶け出してもろくなり、地球に戻ると立つこともままならなくなるので、それを防ぐ為に宇宙ステーションに滞在中の飛行士は、有酸素運動と筋力運動を一日2時間行うのが日課だそうです。地球にいる自分も運動をして少し体に負荷がかかった状態にしておかないと、筋力や循環器系の機能が衰えてしまうことは経験して知っています。だからデスクワークをしている現代人にとって、ワークアウトは食事をするのと同じ、生命を維持する為に必要な活動の一つかもしれません。だったら美味しい食事をとるように、楽しく走ってワークアウトしたいですね。

さて、休日の今日はまだ明るいうちに家を飛び出しパークへと走り出しました。昨日から左の大腿骨の付け根あたりに少し痛みを感じているので、あまりペースを上げないように走りました。10キロを3日続けては走るとどこかが痛くなり、それはいつも左下半身のどこかです。一度痛くなって回復した場所は二度と痛くならないので、筋肉が補ったりフォームが改善されたりしているのだろうけど、おそらく僕の場合、骨盤の動きに問題があり左側に負担がかかりやすい走り方をしているようです。無理をせずゆっくり目に走りながら調整していきます。涼しくなって、1キロ6分ちょっとのペースだと、負荷もかかり過ぎず丁度いいようです。今日はこんな調子でした。

もっと走ろう!

 

R81 10km 「燃焼回路」

Bridle Path Mapセントラルパークには4.2マイル(約6.8キロ)の乗馬専用のコースがあります。南西のコロンバスサークルのあたりから北に伸びレザボアのジョギングコースの外側を一周して、さらに北の野球場があるエリアの外側にも延びているそのコースは、馬が走りやすいように土で固められ、横幅も広い所では5メートル程はありゆったりとしています。まだ乗馬をしている人を見たことはありませんが、早朝に自分の馬を用意させて乗馬を楽しまれている旧家のお嬢様がいても驚きません。

この乗馬道、ジョギングやウォーキングにも解放されています。土は足にも優しいだろうと、最初はこの道をレザボアまで走りました。フルループを回りきれない時は、途中でこの乗馬道に入りショートカットで家まで戻る6キロや8キロを走っています。この道には街灯が無いため足下が見えず、この季節夜に走るのは無理。朝ランに切り替え無ければ。。。と考えていたのだけど、今では10キロのフルループを走しるのが楽しくなり、その心配はいらなくなりました。こちらが今日の記録です。

6キロを超えたあたりから、体の燃焼回路が切り替るのが分かります。それまで一生懸命ふいごを漕いで火をおこして力を生み出そうとしていたのが、すっかり火がおこり後は小さな炭を少しづつ足していけば自然にエネルギーを生んでくれるような感覚です。ここでMacy Grayの曲「A moment to myself」とJETの「Radio Song」がぴったりはまりでした。DJ iTunesは今日もいい仕事してます。

Mrcy Gray, A Moment To Myself

“Here in this moment to myself,  I’m gonna vibe with no one else. There is a conversation I need to have with me.  It’s just a, a moment to myself, yeah, yeah”

彼女のハスキーで小気味よい歌で踏み出す足も速く動きます。そしてJETの「Radio Song」はまったりとした曲と意味深で意味不明な歌詞が今夜にぴったりでした。写真をクリックするとiTunesから試聴出来ます。

JET Born

Do you all know of the emperor’s clothes walking down an empty road. We see what you can see…      This won’t be played on your radio  Tonight  

秋の夜にラジオってなんだかノスタルジックでいいですよね。

もっと走ろう!

 

R79 10km 「空のメッセージ」

3日間走ることが出来なかったので足の疲れが抜けていて、今日はいつもより少し速く走ることが出来ました。こちらが今日の記録です。走りはじめた7時半頃にはすっかり日は落ちていて、セントラルパーク内では街灯だけが足下を照らしてくれます。それでも走る人や自転車に乗る人は沢山いて、さながら夜の部活動です。今日は何も考えずにただ走っていました。ただ街灯に照らされたパークドライブが緩やかにカーブしていくのを見ていたり、背の高い木々の葉に覆われたその先にある、街の明かりを受けた少し青白い空を見上げたりしていました。

ループの最北端を回りきり南に向かい坂を上りきる頃、いつものように虫の声に包まれます。今日はそこでヘッドフォンを外し、自分の息と、足音と、虫の声だけを聴いて走っていました。木々の上にある南の空には二筋の青白い明かりが真っすぐに天へと伸びていました。今日はあの日9.11から11年目になります。崩壊した2つのビルがあった場所から追悼の光が天へと放たれているのです。

今日は晴天でした。ニューヨークの秋の空の色はとても青く、その青さはどこまでも高いところにあります。なにも言わない静かな青い空。世界を変えたと言われるあの日9.11の空も今日と同じような青でした。ビルが崩壊し、米戦闘機がマンハッタンの空域を横切り、島が封鎖され、帰宅難民がストリートを大移動している時も、あの青い空はただ静かにそこにあったのです。

福島で起きた原発事故の収束にあたっていた作業員が、「空の青さに涙が出た。」とインタビューに答えていたのをテレビで見ました。有事にあっては同じように感じる人は少なくないようです。私たちの生きている時間とこの空を動かす宇宙の時間との間には、あまりに大きなスケールの差があって言葉を交わすことが出来ません。たけど私たちは確かにこの空の下にます。

犠牲者のご冥福を心よりお祈りします。


R77 10km「DJ iTunesの奇跡」

昨日は雨だったので走るのは休みました。今日は少し湿度が高かったのですが、それでも風を受けると汗を飛ばして体を冷やしてくれるので10kmを気持ちよく走ることが出来ました。数回前までは8kmあたりから心肺も筋力もギリギリで走ってる感があったのですが、少しずつ心肺は楽になって来た印象です。いつも先に心肺が強くなり徐々に筋力も追いついて来るようです。

僕のiPhoneには3000曲程の音楽が入っているのですが、走る時はこれをランダムにシャッフル再生して聴いています。雅楽や季節外れのクリスマスソングがかかったときは早送りボタンを使いますが、偶然に流れてくる曲が絶妙に気分や見える景色と合っていたり、思いもよらないフレーズが飛び込んで来たり、シャッフル再生はとても楽しい時間になるのです。

Sennheiser Adidas CX 680i Sports Headset

こちらの防滴機能で水洗いもOKなヘッドフォンを使っています。比較的安く評判が良いモノを選んだのですが、とても気に入っています。耳の穴にねじ込むプラグタイプのように周りの音が聞こえなくなる不安はありません。そして耳の大きさに合わせて調節出来るパーツも付属しているので、フィット感があり外れる心配がまったくありません。肝心の音もiPhone付属のものより中低音がしっかりしていて満足です。

9月の海はクラゲの海

今日は少し湿った空気とレゲエがよく合いました。こちらムーンライダースのレゲエ調リミックス「9月の海はクラゲの海」が流れた時はしびれました。これは海で亡くなった、たこ八郎さんを思って作られた曲だそうです。「Everything is nothing 9月の海はクラゲの海」というなんともゆるい歌詞と曲。残念ながらiTunesにこのレゲエバージョンが無かったのですが、こちらからオリジナルバージョンが試聴出来ます。

Get Up, Stand Upゆる〜く、そして切ない空気の後に続いたのは ボブ・マーリーの「 Get Up, Stand Up」で、同じレゲエのリズムですがこちらはレゲエの神樣、一瞬で身が引き締まり、蹴りだす足にも力が入りました。

「Get up, stand up: stand up for your rights!
Get up, stand up: don’t give up the fight!」

僕もずっとなにかと戦っていたはず。ダメなものはダメだと大きな声で言える人でありたい。

もっと走ろう!

 

R75 10km「夏の終わり」

今日9月の第一週目の月曜日はレイバー・デー(Labor Day)のため休日です。ニューヨークではこの日を境に夏が終わります。といっても日本で「盆を過ぎた海にはクラゲが出る」というのと同じような、季節の移り変わりを象徴する節目なのです。そんなわけで休日の今日はいつもよりも早くパークへと走り出しました。そこで「はっ」としたのは、背の高いシュガーノルウェイ・メイプルの木の葉が、すっかり黄色に変わり既にパークドライブの落ち葉となっていたことでした。少しずつ夏の終わりは感じていたけど昨日までは気がつかなかったから、一日の間に様変わりしたに違いありません。まるでカレンダーどうりに季節が流れて行くことに少し寂しさを憶えます。もう戻らない夏が過ぎて行く。45回も過ぎて行く。

夕方から雲が低く雨に降られるかもしれないと、iPhoneを防水できるZIPLOCを準備したのですが、幸い降らずに気温も快適で、初めて1キロ5分30秒のペースで10キロのフルループを走ることが出来ました。休日だけあって、ベビーカーを押して走るカップルや沢山のランナーがいます。ところでいつものNike+Running Appは、登録すると自分と同じルートを走っている他のランナーのタイムや走行回数、自分との比較が出来ます。このAppを含めいくつかあるNike+のギアを使っている人で登録した人に限りますが、それを見るとなんと一番速い人は平均1キロ2分15秒のペースで回っています。ということは一周23分弱。これはプロ以外の何者でもないでしょう。あるいは自転車なのか?このペースでマラソン走ったら世界新だし。。。実際、僕が全速力でも明らかに追いつけないスピードで追い抜かれ、あっという間に遠くに消えていくランナーは沢山います。平均1キロ5分30秒のペースで走った僕は1241番目にランクインです。同じAppを使って登録した人の中で僕より速く走る人が1240人いるってことは、このセントラルパークで走っている人はいったい何人いるのでしょう。

地面を蹴る感覚が好きです。疲れてくるとただ足を持ち上げているだけになってペースも落ちるのですが、この10キロを最後までグングン蹴って走れるようになりたいっと思いはじめました。

もっと走ろう!

R74 10km「ランニングシューズ」

5月のはじめに走りはじめた頃は、リーボックのランニングシューズを履いていました。確かあれは6年以上前のこと、ユニオンスクエアーのスポーツ専門店 Paragon Sports のクリアランスのコーナーで、サイズがぴったりだったあのシューズを見つけました。これでイーストリバー沿いでも走ろう!っと当時ローワーイーストに住んでいた僕は、思い立って購入しました。その後2度だけ、5ブロック程東のイーストリバー沿いにあるランニングトラックまで走ったのを最後に、箱にもどされクローゼットの奥にしまわれたままになっていました。3年前にアッパーウエストサイドに引っ越しする時も捨てなかったのはどこか後ろめたさがあったわけで、新たに走りはじめてその靴を履けたのは、貯まったツケを一気に返せたようでとても気分が良かったのです。しかし、履いてはいなかったとはいえさすがに6年も放置していた靴 、経年劣化のせいで固くなったゴム底の一部がアッパーから剥がれはじめ、2ヶ月も立たないうちに新しい靴を買うことにりました。

6月の終わり頃、家の近所のランニング専門店、その名もSuper Runners Shopに靴を見に行きました。お店に入ると絶妙な色合いのNIKEや真っ黒なNEW BARANCE、変わった靴底のADIDASなどが目を引き、どれにしようかわくわくしました。お店の人がさっそくアドバイスしてくれるのですが、まずは裸足で歩いて見ろと言うのです。さらに体重と週に何れくらい走っているのか訪ねられ、「週に5日、距離は4マイル程」っと僕は実際の週4日3マイルより少し多めにそして得意げに伝えました。そして彼女が進めてくれたのが今履いてるBrooks Adrenaline GTS 12というモデルなのです。最初見た目が気に入らず、あのAdidasはダメなの?とか、このオレンジ色のはダメなの?と訊いたのですが、僕の足は「幅広でアーチが低め、地面を踵の外側から足先の内側を使って蹴る傾向があるので、これしかありません。」っと言い切られてしまい、テンションが一気に下がったのを憶えています。見た目は大事なのですよ。どうにも購買欲が下がってしまい目を泳がせていたら、「もしも僕が足の踵からではなく平の部分で着地するならば、PureFlowというモデルは走り安い」とすすめてくれました。随分軽装な感じのこの靴、例えばこれで10マイル(16キロ)走っても大丈夫なのか訊いたら、彼女はこのPureFlowで20マイル走るとのこと。さっき4マイルと僕が得意げに言ったときの彼女の表情の意味がわかりました。さてさて、履いてみるとPureFlowは足先が靴の中で自由に動く感覚、Brooks Adrenaline GTS 12の方はフィット感がありましました。クッション性に優れて、足の内側をサポートすると言うことだっので、このAdrenaline GTS 12を買って、現在この靴で309キロ走るに至と言うわけです。

Brooks Adrenaline GTS 12

とても気に入り、おかげでその後毎日のように走っています。何も考えずに足を動かしてどんな風に着地しても、それをうまく受け止めて推進力に変えてくれるうな安心感があります。 それにこのさえ見た目なんかどうでもいい。というよりこれカッコいいかも?と思うくらいなのですが、実は最近すこし違和感を憶えはじめています。この靴のクッション性や足の内側のサポートは素晴らしいのだけど、もしかするともう少し地面を感じて蹴る感覚があった方が楽しく楽なんじゃないか?とか、そういえば走る時はいつも踵からではなく、足の裏の中心より少し前で着地する様に意識しているし、足の運びもなるべくまっすぐに地面を蹴る様に心がけているので、かえってこのサポートが邪魔になっているんじゃないかとか、走っている間靴に意識がいっている時間が多くなっています。少し走れるようになって、といっても10キロを1時間で走るのがやっとですが、あの店員さんがすすめてくれたこのAdrenaline GTS 12の意味が今とてもよく理解ます。Brooksのサイトにある靴選びのアドバイザープログラムでも、やってみるとこの靴しか出てこないから、それを瞬時に僕にアドバイスしてくれたあの人はさすがですね。というわけで今はもう一つのPureFlowに興味新々。

Brooks PureFlow

しかし冬になったら冬専用の靴がいるのかな? 走るのはタダでは無いですね。でもジムに通うよりは随分安いですよね。

さあ走ろう!

 

R73 10km「何処を走っているんだろう?」

Nike+run のグラフ

8月の走行距離

8月も終わり。今月は168キロ走りました。iPhoneのApp Nike+Running は250m毎に距離、ペース、時間を音声で教えてくれるのでモチベーションも上がるし、後からこうして成果を見ることも出来るので手放せません。セントラルパーク内の9.7kmループを走って回れるようになるなんて、ジョギングを始めた4ヶ月前には想像も出来ませんでした。何しろ500m先の公園の入り口まで走ってたどり着つけないくらいでした。それが1キロ、2キロ、レザボアを一周して5キロ。ループに出よう。そしてついに目標にも置いてなかった10キロです。でも今は8キロを超えたあたりでは、心肺も筋肉もフル稼働だからもう少し走り込んで余裕を持ちたいところです。それから左の足首と足の付け根の内側がいつも痛くなるので、左右対称に体が動いてなくて部分的に負担がかかっているのではないかと感じています。当面は距離を伸ばすのではなく「なるべく速く楽しく走る」を目標にフォームの研究などしようと思います。

ループには起伏やカーブがあって、ある場所を超えるとその先は楽だとか、次のカーブを曲がると急坂なので心構えをしなきゃとか、見通しがよく気持ちよくなって思わずペースが上がるとか、一周の間にもストーリーがあります。今日は走っていて、自分の人生がラン二ングのコースだったら、僕は今何処を走っているんだろう?という考えがふと浮かび、あの頃は完全にコースから転げ落ちてたとか、40歳で「Over the hill」は無いだろうとか、あれこれ考えたあげく目の前にある坂を前に、もっともっと沢山の坂を越えて、そして坂を上りきる度に楽しいことだけが待っているに違いない、そう言い聞かせていました。

HAPPY RUN

R69 5.37km「オベリスク」

走りながら季節の移り変わりや、人々や、公園の景色を楽しんでいるので、これらを写真に撮りたいと思うのだけど、Nike+RunningというiPhoneのAppで距離やスピードをモニターしながら走っているので、なかなか写真が撮れません。

当初はのんびり休み休み走ろうと思っていたのですが、このAppは250メートル毎に走行距離とペース(分/1キロ)を教えてくれるし、走り終わった後の記録も出るので、「1秒でも速く走りたい」っと自然にアスリートモードになる訳です。

これはちょうどメトロポリタン美術館の裏あたりにある、パーク内で最も古い彫刻「クレオパトラの針」です。なんとエジプト総督から贈呈されたこの長さ21m、重さ200tのオベリスク、古代エジプト王トトメス3世が建てたものというから、今から3500年以上昔の人が建造したのです。パリのコンコルド広場のオベリスクといい西洋人はオベリスクが好きですね。そしてエジプト総監は気前がいい!

西81番通りのセントラルパーク入り口からループを反時計回りに走り、最南をぐるりと回って北上し、左手にボートハウスがあるあたりから少し急な上り坂で、最初の峠です。これを一機に上りきってしばらくすると、このオベリスクが見えます。この辺りまで走ってその日あとどれくらい走るかを決めています。走るのがすっかり好きになって、これを長く続けたいと思うので無理は禁物。今日はこの写真を撮ったら、走りをトレース中のNike+が一旦終了になってやる気喪失。グレートローンの北で公園を西に横切り5キロ程で切り上げました。

R68 10km「日没が早くなった」

8月も後半。随分日が短くなりました。西81番通り。左手には古風で上品な、そして大きなコンドミニアムのビル群、右手には背の高い街路樹が連なっていて、その向こうにはアメリカ自然史博物館のプラネタリウムが見えます。正面のパークに向かい走りはじめます。パークに生い茂る木々の上に広がる夕方のやさしい青空の真ん中に、真っ白な飛行機雲が一直線に突き抜けていました。

午後7時半から走りはじめて8時過ぎにはもう夕暮れです。セントラルパーク内では街灯があるパークドライブを走るには問題ありませんが、フルループを回りきらずに、95番通りあたりでループを外れパーク内を東から西に横切る際に利用している、 レザボア(貯水池) のさらに外側のダートコースは、街灯が無く足下がよく見えずに危険なので、もう少ししたら対策を考えなければなりません。なにしろサマータイムが終わればさらに1時間早く日が暮れるわけだから、思い切って朝ランへ切り替えた方が良さそうです。しかしながら人生ですっきり早起き出来た日が一日でもあったか思い出せない程に朝は弱い。そこが問題だ。

西81番通りからパークに入りフルループを反時計回りに一周する場合、後半7から9キロあたり、最北をぐるりと回り切った後に続く上り坂が難所ではあるのですが、そのころはもう心が体を半分抜け出したような不思議な感覚になっているので、それほど辛くはありませんでした。後ろに蹴りだす足を軸にして体を前傾に気味にテコのように、腕をスロスカントリースキーのストックのように使うと、スイスイと坂を上って走れているような気がしました。

そのころ木の陰からのぞく西のそらに、半月が浮かんでいて、鈴虫の鳴き声に囲まれます。どこに住んでいても風流です。早くも秋の気配を感じています。

季節が流れるのは早いものです。

HAPPY RUN