ニューヨークにはセントラルパークがある

R154 10km

photo

3年間着たダウンジャケット。随分よれてきたし色にも飽きてしまったので、着るのは今季限りにして暖かくなったら処分しようと昨年の冬から考えていましたが、今年のニューヨーク、暦は進めどなかなか気温が上がりませんでした。でもここ2週間ほどは日中20度越えの日もあり、夜でも軽いジャケットで充分な程に春らしくなりました。あのダウンジャケットを着ることももうありません。

少し遅れ気味の進行ですが、この季節、様々な種類の花が咲き乱れます。ストリートの花壇や公園の植え込みには黄色や白のスイセンやチュウリップが咲いています。そして街路樹や公園の木々も新芽やつぼみが少しずつ大きくなり爆発寸前です。ニューヨークの街でおなじみの梨科の木には既に白い花が咲いています。セントラルパークでもモクレンや梅や桜などがそろそろ見頃になりそうです。

セントラルパークのループは走る人でにぎわっています。冬の間は夜に走る人はまばらだし、それなりのスピードで走っている人ばかりなので誰かを追い越したり、また近い距離に誰かの背中を見ることは少なかったのだけど、今は様々な人がループを走っています。また歩いている人も沢山。暖かくなりダイエットに挑戦しようと、初めてこのループを訪れた人もきっと少なくないでしょう。汗でびっしょりのTシャツを着て大きく背中で息をしている人を追い越すこともあります。

思えば一年前の僕も、セントラルパークまでの300メートル程の距離を走るのに息を切らしていました。少しずつ連続して走ることの出来る距離を伸ばし、1キロ先のレザボア(ため池)まで、そしてついにレザボアを一周して5キロ程の距離を走りきり家まで帰って来た時は妻にどれほど自慢したことでしょうか。そうやって走る楽しさを憶えながら一年が経とうとしています。いまでは10キロ走ってもどこも痛くはならないし、ハーフマラソンの距離を走ってもその足で買い物に出かけられる程に、走ることが生活の一部になっています。こうして続けられたのはやはりセントラルパークが出来過ぎなくらい美しく、ランナーにとって最高の場所だったからだと思います。

セントラルパークは南北4キロ東西0.8キロに渡り拡がる緑地公園。約3,4 K㎡の面積を誇ります。パーク内をぐるりと一周出来る9.7キロの舗装道パークドライブは、ランナーにループと呼ばれています。これは皇居の周りの約2倍の距離。この他に走る人に開放された約6.8キロの乗馬道や、レザボアの周りに整備された一周2.5キロ程の土で固められたコースもあります。土は膝にもやさしく乗馬道は森の中を走っているような爽快さが味わえ、レザボアの周りではため池の水面に冷やされた心地よい風を感じながら、もう少しすると連なる八重桜が花を咲かせます。

以前東京でお世話になっている方に寿司をご馳走になりながらこう問われました。「今や東京は世界一の都市と言ってもいい。世界中から最高品質のものが集められ食やデザイン、どれをとっても高いレベルなのに何故君は東京を離れニューヨークにいるのかい?」郷土自慢大会を持ちかけられたのだと思いましたが、僕は東京も大好きだし議論はあまり盛り上がらなかったのです。でも今なら「ニューヨークにはセントラルパークがある。」この一点だけを持ってニューヨークが世界のどの街よりも素晴らしいという主張を展開すかもしれません。それくらいセントラルパークが好きです。

デスクワークが多く、ビルに囲まれて生活している都市生活者にとって、運動は食事と同じ生命活動。だから気持ちよく走ることができる場所があるというのは、交通機関が整備されているとか、美味しいレストランや品揃えの豊富なスーパーマーケットがあることと同様に、都市を評価するうえで大変重要な要素だと思います。実は現在東京に移り住むべく計画中。走る場所がどこにあるのか調べながら進めています。きっと東京でもいい場所を見つけます。

どこにいても走りたい。

42.195kmの半分と小出監督とQちゃん

R147 21km

_DSC0058_1
5月18日に開催されるハーフマラソンに参加することにしたので、それまでの間、小出監督の著書『マラソンは毎日走っても完走できない 「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42・195キロ』に出ているレース3ヶ月前からの練習メニューを出来るだけこなしたいと励んでいます。この本、使える時間や走力のレベルに合ったトレーニング方法を丁寧に説明しているので、あまり無理をすることなく、でも効果的にトレーニングが出来そうです。それに実践的なトレーニング法が書いてあるばかりでなく、金メダリストの練習やオリンピックでのエピソードも綴られ、選手や走ることへの愛情たっぷりの良本です。苦しすぎて走るのが嫌いになってしまっては継続出来ないことを説いているし、走る準備段階の足腰づくりから説明されているので、「ちょっとダイエットのために歩くところから始めてみようかな?」という方にもおすすめです。

毎週日曜を、週に一度の20~25キロを走る日としました。昨夜はハーフマラソンの距離を走るのは2回目で、先週よりはペースも上がりましたが後半はやはりきついです。そして2時間は長いです。テンポがぴったりの音楽がかかると地面を押し出すリズムがとても気持ちよかったり景色を楽しんだり出来ますが、さすがに残り5キロ位になると疲れが溜まってしまい、終盤は徐々にスピードを上げる予定でしたが、ペースをキープするのがやっとでした。でもこの「やっと」の時間が次のステップに繋がっていくんですね。ほんの少しだけでも「やっと」をやることで心肺や足腰が鍛えられると小出監督の本は教えてくれます。

先日、女子マラソン金メダリストの高橋尚子選手が、シドニーオリンピックで金メダルを取るまでの道のりを、映像を交えながら語る『高橋尚子 激走 42.195km』というタイトルの動画をネットで見つけて観たのですが、シドニーで一番にゴールした後、きょろきょろと小出監督の姿を観客席に探す高橋選手の姿が印象的でした。その時小出監督は少しでも早く高橋選手の元に行きたいとスタジアム中を走り回っていたのです。走るのに興味もなかった以前は、シドニーオリンピックの頃もそれ以後も、テレビで「Qちゃん」「Qちゃん」と言っていてもなんのこっちゃと思っていましたが、「Qちゃん」と「小出監督」の物語は感動的です。監督の本の中に出てくるエピソードと重なる部分もあるので本と合わせて観たい動画としておすすめです。金メダルをかけて競い合ったライバル、リディア・シモン選手のインタビューも泣かせますよ。検索するとすぐ見つかります。

人生も小出監督のように信頼出来る指導者がいたらどんなにか心強かっただろうと思います。でもこればかりは自分自身の心に従うしかありません。だから2時間は長いのですが、こうして走りながら考え事をしたり自分自身と向き合える時間を持つことは力強く人生をおくるための有効なトレーニングでもあると信じはじめています。

もっと走ろう!

長距離走者の孤独

R144 21.1km

photo

気がつけば一ヶ月以上更新が停まっていました。でもしっかり走っています。3月も後半、既にデイタイムセービング(夏時間)が始まり時計が1時間早まったこともあり、日も随分長くなりました。春めいた半袖で走れる気温8度程の日もありましたが、ここ数日は摂氏0度から3度位の寒い日が続いています。

いつも夜の7時半位から走り始めるのですが気温がマイナスになると、セントラルパークで走る人はめっきり減ります。逆に5度以上になると夜でも沢山の人が走っています。まちがいないです。北風と太陽の話を思い出します。人の行動は環境に正直に反応してしまうようです。僕はというとマイナス2-3度ならば走ります。それくらいの気温ならばタイツをはいて長袖のハーフジッパーを着て、あとは手袋があれば楽しく走れます。葉が落ちて枝だけになった木々のシルエットはきれいだし、見通しは良く、走っている人も少ないので冬の間もその時間を存分に楽しめました。もう少しの間冬のままでもいいと思うくらいです。

昨夜は前を行く人がいない、最後の冬の夜の公園を走りながら、10代の頃に読んだ「長距離走者の孤独」というイギリスの作家、アラン・シリトーの書いた小説のことを思い出していました。すっかり忘れていた遠い過去の記憶はひょんなことで思い出すものです。主人公は貧しい労働者の街で生まれ育った18才の少年で、強盗かなにかをして捕まり感化院に入れられるのだけど、足が速いことから感化院対向の長距離レースの代表に選ばれ、早朝、感化院の外を走りトレーニングすることを特別に許されるのです。少年は朝霧の中を走りながら「世界にはじめて生まれた裸の人間のようだ」と表現していたことを憶えています。結末の、社会の現実に大きな抵抗をもった少年の、ささやかな、そして大人をあざ笑うかのような行動にとても共感したことを憶えています。

それなのに、僕は今だれもいなくなった夜の公園を走りながら、無事平穏に一日が終わったことを確かめる「最後のひとり」のような気分で夜空を見上げています。子供は生まれてくる社会を選ぶことは出来ないのだから、反抗してその存在を示すことも許されます。すっかり大人を通り越した僕は今、その子供達のいる場所が希望があって夢中になることにあふれていて、嘘の無い世の中であるように願うのでした。

このところは距離を延ばして走っています。むしろトレーニングと呼んでもいいでしょう。なぜなら5月にブルックリンで行われるハーフマラソンに出場することにしたからです。昨年の夏からはセントラルパークのフルループ約10キロをひたすら走り、それ以上の距離を走ろうという気持ちにはならなかったのですが、ハーフマラソンを走るとなると、それなりにトレーニングして大丈夫だと思える状態で出場したいと思ってのことです。

前の投稿で紹介した小出監督の本『マラソンは毎日走っても完走できない 「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42・195キロ』にはハーフマラソンのトレーニング方法もレースの3ヶ月前から組み立てたメニューと共に紹介しています。そのとおりにはなかなか出来ないけど、少しでもそれに沿ったトレーニングにして無理なくゴールしたいと計画しています。

そんな訳で、いつもより多めにセントラルパークをぐるぐる回っております。

B00004YTVD.01.LZZZZZZZ

昨夜のDJ iTunes BestはJazzanovaUnited Future Organization。アシッドに刻むパーカッションと揺らいだエレクトリックピアノ、そしてワイルドな歌声が、夜の摩天楼に吸い込まれるよう。

 

 

あなたは決してリタイアしない! でも靴はね。

6月の終わりに新しいランニングシューズBrooks Adrenaline GTS 12を購入してからこの GTS 12での総走行距離は750キロになりました。iPhoneのアプリNike+Runningではシューズを登録して走行距離を記録出来るのです。どこのメーカーもランニングシューズは500キロ走破を目安に新しいものに買い替えるよう勧めています。Nike+Runningアプリでも500キロ超えたあたりから、「あなたは決してリタイアしない!でも靴はね。」っとメッセージが出るようになり、そろそろ次の靴の購入を考えるよう促されています。ご丁寧にNikeのオンラインストアーへのリンクもあるのですが、以前もらったランニング専門店からのアドバイスによると僕の足にナイキのチョイスは無いそうです。カッコいいのに残念。

GTS 12について、僕は足の踵ではなく真ん中で着地するし、着地してから後ろに押し出すまで足首がぐらつくプロネーションが無くなるよう意識しているのでGTS 12の強みであるアーチのサポートが無くてもいいのかも、と以前の記事で書いたのですがその後は履いている靴のことは特に意識することなく走り続けていました。結局とてもいい靴だと思います。もしかするとだんだんクッションがヘタってきて丁度よくなったのかもしれません。

とはいえ750キロ。そろそろ新しい靴が欲しいと思い、専門店へ足を運びました。前回お世話になったお店Super Runners Shopはとても的確にアドバイスをもらえて満足したのですが、今回はアッパーイーストにあるランニング専門店Urban Athleticへ行きました。NYマラソンに何度も出場したことがあり、僕の知る限り15年は走っている友人に勧められたマジソンアベニュー沿いにあるこのお店、小さい間口で品揃えも少なくそれでいて賃料の高いであろう場所でビジネスとして成り立っているのだから、他の店には無い特別なサービスを提供しているのだろうと想像出来ます。言い換えるとどうやって商売が成り立っているのか想像出来ない。。。

ここで何を勧められたかというと、やっぱりBrooks Adrenaline GTS。シリーズ最新モデルGTS 13でした。このシリーズはとても評価が高く幅広でアーチの低い僕の足には最適なんだそうです。ですが何か新しいものも試したいし、なによりこのサポートがいらないのではという話をしたら、走り方を見てくれることになりました。表通りを試着した靴で足っている姿を後ろから見てもらったのですが、やはり足の真ん中で着地しているのでサポートにはそれほど拘らなくてもいいということでした。したがって少しチョイスが増えるそうです。ASICSとadidasでのおすすめも試したのですが、一番しっくりきたBrooksのRavenna 3というモデルを購入しました。

110113_049_a_ZM

Brooks Ravenna 3

ちなみに足の裏の真ん中での着地は踵から着地するより負担が少なく効率的に速く走れるそうで意識していたのですが、自然に走るのがより効率的であり無理して走法を変える価値は無いといった趣旨のNYTの記事を今日たまたま発見してちょっと複雑。でも腹筋を意識して着地のタイミングを遅れ気味にして足の裏の真ん中で着地すると、自分は止まっていて地球を玉乗りして回しているような気分が味わえて気持ちいいです。

話は戻って、このRavenna 3はサポートとナチュラルの中間にあるカテゴリーに位置し、GTSよりは弱いサポートで自然な走行性とのバランスを取っているそうです。若干のプロネーションを持ったランナーに最適で、そしてGTS より幾分軽量です。GTSもそうですがこのRavenna 3はソールが足の裏に吸い付くようなフィット感がありとてもいいと思いました。

前から気になっていたBrooks PureFlowについても聞いてみたのですが、なんと答えは「僕らはあの靴は好きじゃないから扱っていない。あれはNike Freeのコンセプトをコピーしただけでランニングシューズとしての十分な機能を備えていない。」でした。Brooks PureFlowはメディアでの評価も高い靴で人気もあるはずなので、売らないというのは相当な自信を持っている証拠です。

東京の寿司屋のカウンターに座りうっかりドラゴンロールは無いのか聞いてしまったような空気が一瞬流れましたが、まさに間口は狭いが一等地に店を構えるその姿勢は大将の寿司屋そのもの。「おかませ」と言っておけば安心なのかもしれません。おかげで満足のいく買い物が出来ました。このラン二ング専門店Urban Athleticはスピードやフォームのトレーニングやマラソンを走るためのトレーニングも行っています。

その後さっそくいつもの10キロを走りました。走り心地はというと最初紐をきつく絞めすぎたようで足の甲が痛くなったのですが、少し緩めたらその後はとてもいい感じでした。新しいのでクッション性が高く、足を後ろに送り出すときに、着地時に吸収した衝撃を前進する力で解放してくれるようで気持ちよかったです。GTSに感じは似てますが土踏まずのサポートはマイルドです。軽さも分かります。僕の足に合っているということなのだと思いますが、Brooksは丁寧にいい靴を作っていると思います。色やデザインはオシャレとは思いませんが、今僕にとってかなりロイヤリティーが高いブランドになっています。いろんなタイプの靴が揃っているのでおすすめです。

新しい靴で走りどんなことがおこるのか楽しみです。

RUN HAPPY! ←Brooksのキャッチコピー

SFのような21世紀はもう来ている?

R124 10k

21世紀も二桁年に突入していますが、未だジェームス・ボンドは仕立てのいいスーツとネクタイ姿で、カフスボタンが外れていないか気にしながら、諜報活動に勤しんでいます。そしてストレートチップの革靴。ひげ剃りもシェーバーやT字カミソリなど使わずに、直刃の剃刀でとおしているのだから、あれはやはり革底なのでしょうか。

007は好きなのですが、実際スーツを着てネクタイを締め、さらに革靴を履くとともて窮屈です。慣れればその窮屈さが気持ちを引き締めていいのだと思いますが、毎日仕事で着るユニフォームとするのには、機能性が欠け過ぎではないでしょうか。特に暑い日にネクタイをしてスーツを着なくてはならないビジネスマンを見ると、なんとも言い表せない不思議な気持ちになります。野暮を承知でいうとジェームス・ボンドだって、実際あのスーツと靴で濡れた石畳の上を走ったり、切り離されそうになった列車に飛び移るのは至難の業でしょう。

DC17525AT

21世紀になれば、SF映画やあるいは『ドラえもん』ののびたが、しずかちゃんと結婚している未来のように、体にフィットしていてボタンやファスナーといったものが見当たらない、そして大胆な切り返しのデザインの服を着ているものだと思っていました。70年代高度成長期のスーツ、鞄や眼鏡や小物などを現在のものと比べると、全体的には確実により着やすく使いやすい方向に進化しているようには見えますが、ビジネスシーンを見るとスタイルとしてはさほどの飛躍は無いようです。

ところがスポーツウエアに至っては実はほとんどスタートレックの様な世界に到達しています。特にYOGAとランニングはその傾向が強いと思います。スニーカーはもちろん、服には動きやすさや通気性が追求され、また生活に深く浸透しているのでファション性も高く他のスポーツよりもより進化の速度が速いのかもしれません。ニューヨークではヨガやランニングをする女性が多いので、週末ともなればピッタリした伸縮性のあるパンツに、同じく体にフィットしたトップスを着て歩いている人は普通に多いです。これはもうほとんどスタートレックのディアナ・トロイでは無いでしょうか。

スポーツウエアは、ハイテク素材が使われていて高い伸縮性なうえ、裁断も立体的で体にフィットして、とにかく動きやすく出来ています。だからこの着心地を一度味わうと、ジーンズでさえ窮屈に感じ、いつもジャージを着ている人の気持ちがよく分かります。そこでやっぱり思うのですが、ビジネスシーンにも耐えられるこういった動きやすい服は無いものか。(もちろん僕がザッカーバーグかスティーブジョブズなら、今日から迷わずハーフジッパーのジョギングウェアを、毎日欠かさずどんな場所でも着ると思いますが。。。)

スタートレックは2300年代の話なので、移行するにはまだまだ大分時間がかかりそうですが、方向としては少しずつ、揺り返しながらもそこへ向かっているようです。燃えやすい?という疑問はありますが、スポーツウェアから目が離せません。

Untitled-1

サイボーグ009の様なこちらのトップスは、ヨガとラン二ングウェア専門店Lululemonnのもの。日本には一度進出して撤退したようですが、NYでは人気があり、高いブランド力を持っています。NYはそれだけランニングやヨガの人口が多いという事でしょうか。

今日は気温9度と暖かかったので久しぶりにキロ5分30秒を切るペースで10キロ走ることが出来ました。

もっと速く走りたい!

新春初のセントラルパーク(永遠に消えない)

photo

R122 10k

新年明けましておめでとうございます。

氷点下4度の午前中、新春初のセントラルパークを10キロ走りました。走っていると汗を拭き、息を切らし、地面を蹴る「自分」は、どこまでも続いていくような実感として強くあります。でもその実感とは関係なく、それはとても不確実な未来予想にすぎないことも知っています。世の中では災害や事故や事件が、自分が想像出来る最悪なことをはるかに超える最悪さで起こっています。「ひどいニュース」はいつもパワーアップして最悪ぶりを更新し続けます。もちろんそれは自分が生まれてからの経験であって、歴史を見ればそれでも現代はよりよい世の中になってはいるのだとも思います。

コネティカット州ニュータウンの乱射事件の犠牲になった子供達は、突然未来へと続くはずの命を奪われました。交通事故や災害でも沢山の命が突然止められてしまっています。子供の頃はじめて人が死んで亡くなると知ったとき、とてつもない恐怖と悲しみに襲われて、布団をかぶり眠れずにいたことを憶えています。「いつかみんないなくなってしまう。」怖すぎます。虚しすぎます。少しだけ世の中と距離を置いてなるべく冷静に事態に対応出来るよう備えているのがよさそう。

大人になって今は少し違うアイディアを持っています。それは自分は次の瞬間に止まってしまうかも知れないけど、この世界はその後も続くし、今自分が存在している事実は、たとえそれを観測する人がいなくなったとしても無くならないというアイディアです。たとえ45億年後に地球が無くなってもそれは消えません。だってそう、あなたは確かにそこにいるでしょ。ね? そう考えると家族との時間も、他人との出会いも消えてしまうものは何一つ無いのです。大切な家族を失っても同じように考えられるかは分からないし、ご遺族に向かってそんな説法を解くつもりもないけど、とりあえず自分もいつかは消えてしまうという恐怖と虚しさは無くなります。

それに世界を終わりにしてやろうなんて考えるテロ行為や銃撃犯とは断固戦うし、世界を少しでも良くしたいし、災害や病にも最大限抵抗します。

これまでを振り返ると帳消しにしたいような経験も少なからずあるし、未熟だったと反省することも多くありますが、これから永遠に消えることの無い残りの時間を、大切な家族と共に、感謝しつつ精一杯使わせていただきます。

「明けましておめでとうございます。 」生きているということは明けるの連続。その連続をこれからも沢山の人と喜びあえたらと心から願います。

というわけで今年も走ります!

mzi.lyuhnxcu.170x170-75今日のiTunes Best は Condorkanki で Yungueñita 。サンポーニャは笛なのにパーカッションのように弾け縦笛ケーナは軽やかに、その音色は力強く雄大でそして演歌。アンデスの山々を駆けているよう。

 

 

 

R115 10k 初夏から冬の755キロ

早いもので12月も後半。クリスマスもまじかです。いつも走り始める自然史博物館の裏のコロンバスアベニューはもみの木売り場になっています。今年もここでツリーを購入して我が家はもみの木のいい香りがします。

思い立って走りはじめてから半年が過ぎ、走行距離も755キロになりました。木々が一斉に葉を出し花咲き誇る春が終わり、緑が深まる初夏、乗馬道に出来た木の葉のトンネルを潜り、レザボアまで息を切らしてようやくたどり着きました。夏には何百ものホタルの光が舞い、夏の終わりにはループの最北の坂を駆けながら、虫の鳴き声に囲まれました。大雨に降られてずぶ濡れのになりながらキンクスを聴きました。秋には黄色やオレンジに色づいたパークドライプは沢山の走る人達で賑わいました。そして冬、幹と枝だけになった木のシルエット越しに見るミッドタウンの明かりや寒空に浮かぶ月を眺めなら走ります。

実は、きっとこのように素晴らしいものになるだろうと走り始める時に予想していたのですが、半年が経過して生活の中にとても有意義な時間と空間がしっかりと出来上がりました。長く続けたいと思います。そのために永遠の命が欲しいところです。

タイムは9月の嵐の夜に走って体調を崩して以来延びていないのですが、足が痛くなることが少なくなりました。色々情報を集め試しています。最近は腹筋を意識して走っているのですが、そうすることで体をよりよくコントロールでき、着地のタイミングを遅くして足の裏や膝にかかる負担が軽減出来るようです。

バスケットボールやバレーの選手がジャンプして空中で止まっているように見えるのは、腹筋で体を制御しているからなのです。地面をなめるように走る感覚なのですが、これはマラソンなど長く走る場合には特に有効なフォームなのだそうです。

今夜のiTunes best は中島美嘉のAROMA。乾いたドラムを背景にしっとりとしたギターとエレクトリックピアノ、そして彼女の歌声がJazzyに絡み合い、軽〜くフィアットに乗ったルパン三世が去って行きそうな夜でした。

R108 6km セントラルパークに冬到来

11月最終日です。今月は月初にハリケーンが去ったと思いきや一気に気温が下がり8日には初雪&積雪を記録しました。ニューヨークマラソンが開催されるはずだった日を境に夜のセントラルパークを走る人もめっきり減っています。初めて走る冬。寒さの中で走るのは備えがいるもので最近になってようやく気温に合わせて上手く対策出来るようになりました。

気温5度くらいならば、ハーフジッパーの長袖トップスに下はランニング用のタイツ、そして軽めの手袋が快適です。汗が出るくらいに保つのが良いようで、体が暖まるにつれ少しずつハーフジッパーの襟元を開けて温度調節しています。気温0度近くまた風のある時はその上に風を通さないジャケットを着て、手袋も少し厚めにすると1時間走っても凍えることはありません。それから腰回りも冷えるのでタイツの上に短パンを履くと大事な部分も守られます。

これが分かるまでに何度も寒い思いをして体調を崩しました。おかげで今月の走行距離は80キロに達しませんでした。

でも慣れてくれば冬の公園を走るものいいもの。何が違うかというとそれは景色です。ニューヨークにある木々はそのほとんどが落葉樹。夏には鬱蒼とした葉っぱに覆われた木々の、その向こうにのぞく少しの空の下に延びるパークドライブを走っていましたが、紅葉が終わりすっかり木々の葉は落ちてしまい、どこもかしこも幹と枝だけになってしまいます。枝だけになった木のシルエットが澄んだ空を背景にきれいです。動物の進化の枝分かれを思い起こさせる神秘的な造形。そして見える空は広く、また遠くミッドタウンのビル群もよく見えます。夏には気がつかなかったけど、パークドライブ北部の坂道を下る時、崖の向こうには街が広がっています。

数日前、満月で澄み切った冬の夜空の下を走った時は、踏みしめるアスファルトが間違いなく地球の大地。宇宙に浮かんだ地球の大地を蹴り進んでいる実感があり、何度も遠くのビルの明かりや月や月の近くにあった木星を見ながら、その実感を踏みしめていました。

これからもっと寒くなり氷点下の日々、氷の世界のニューヨークが訪れますが、冬を走るコツが掴めてきたので、また走行距離やスピードを少しずつ増して冬を楽しみたい。

もっと走ろう!

R99 10k「ニューヨークシティ・マラソン2012を走る」

10月29日の夜ニュージャージーに上陸した大型ハリケーン・サンディは、アメリカ東部に大きな被害をもたらしました。ニューヨーク市を襲った高波は4.2メートルに達し、65万人が停電の影響を受け、クイーンズ区では火災が起き50件が全焼しました。11月4日に開催予定のニューヨークシティ・マラソン、市長はまだ全体の被害状況がわからない30日のアナウンスでは、予定どおり開催するとしていました。

ニューヨークシティ・マラソンは1970年から毎年開催され、約4万人が参加するレースで、世界中からランナーが集まり日本からもツアーが組まれる程人気があります。コースはニューヨーク市の5区全てを通り、最後はセントラルパーク内を半周程走りゴールします。ハリケーンが去った後、沢山の木がなぎ倒されていたに違いありませんが、コース内の整備、横断幕やパーク内のゴール付近にもうけられた報道用の施設、仮設トイレなど急ピッチで復旧、準備が進められていました。

一方ハリケーン・サンディの残した爪痕は深く、マンハッタン南部の電力がほぼ回復したのは3日。スタート地点のスタテンアイランドの被害は大きく現在も電源は失われたままです。そんな中、報道用の強力な発電機を備え、スポーツ飲料をランナーに配り、警備にも多くの人員が必要なマラソンの開催に対して、市民からの反対の声が日に日に大きくなりました。そして開催日の2日前、ついに市と主催者は中止を決定しました。レースを開催するための労力や物資を復旧の為にまわす必要はなかったが、市民の対立が起きていることが明らかになり、それは復旧の速度を鈍らせる危険があると中止の理由を述べています。

約3億4千万ドル(約270億円)の経済効果があるとされるマラソン、911の年にも開催されたし、出来ればやりたいと主催者は願っていたと思いますが、さすがにまだ電気も復旧しておらず、必要な物資も不足している被災地でマラソンをやるのは少し無理があったようです。ギリギリまで頑張ったけどあきらめたということだと思いますが、現状を見れば中止されたのは当然のようです。

さて、気温は8度の快晴。マラソンも中止になったし久しぶりにセントラルパークを走ろうと午前中に出かけました。マラソン開催日のはずだった今日、多くのマラソンランナー達はニューヨークマラソンの参加者がもらえるオレンジ色のシャツを着て、物資の足りない被災地に走って物資を届けるというボランティアに参加するとのことでした。

ところが、公園に入るとパークドライブには道を埋め尽くす程多くのマラソンランナーがレースさながらに走っています。その格好からマラソンに参加する予定だった人達とすぐにわかりました。なんとコースの周りには応援する人や、飲みのもやキャンディーを配る人などで賑わっており、いたる所でベルを鳴らして「You look good today. Keep it up. Keep it up. You can do it」などと応援してくれます。「お父さん頑張って!」と書いたパネルを持って応援する子供や、バグパイプを吹いて応援する人、いろんな国の国旗も目にしました。

走っている人もニュージーランド、メキシコ、スイス、オーストラリアなど海外から来た人も沢山います。また、家族の写真がプリントされたシャツを来て走っている女性や、「Run for 〇〇(人の名前)」と書かれたシャツを着ているランナーなど、なにかそれぞれのストーリーを胸に走っている様子がうかがえました。なにしろマラソンを走るにはそれなりの時間を使ってトレーニングを重ね準備をしていたはずですし、抽選の倍率は高く数年かかってようやく権利を得たというランナーもいるはずです。まして海外からの参加となれば、もう2度とチャンスはないという人もいるかもしれません。走らずにはいられなかったのでしょう。

図々しくもそんな特別なイベントに紛れ込んで走ったのですが、最初は沿道の応援が照れくさくて目を合わせられなかったのに、次第に気分が良くなりそのうち笑顔で返していました。いつもの一周10キロを走ったのにニューヨークマラソンを走ったような気分を味わえました。マラソンなんて無理だろうと思っていましたが、沿道の人達に応援されながら沢山のランナーと一緒に走るんだったら、それはさぞかし楽しそう。

マラソンは中止になりましたが、集まったランナーにとっては忘れられない思い出になったことでしょう。

来年はマラソンを走る?

 

ハリケーン・サンディで受けた被害からの復旧のための寄付とボランティア情報

CBS NYの情報:Where To Donate Or Volunteer To Sandy Relief Effort

NYC.gov  Hurricane Sandy Relief

黒部エリぞうのNY通信: 台風サンディの爪あとと、ボランティア情報

 


休 「ハリケーン・サンディでも走る人達」

ハリケーン・サンディが接近しています。今東海岸を北上中でまもなくニュージャージーに上陸します。ニューヨーク市では28日夜より地下鉄とバス、鉄道に飛行機全てがストップしていて、今日29日は外に出ないようにと市長より指示があり、沿岸部の地域では避難命令が出ています。さらに現在マンハッタンに繋がる全ての橋とトンネルは封鎖されています。昨夜の時点ではまだ雨も風も無かったので走りに出たのですが、セントラルパークも既に閉鎖されていたのでやむなく公園の周りを3キロ程走りました。

今日も雨はそれほど降っていないのですが、満潮で高潮の上にハリケーンの低気圧で引き上げられた海が風で海岸線に打ちつけて沿岸部を水没させています。倒木が原因で停電の地域もあるようです。幸い僕の住むエリアは避難地域ではないのですが、木が倒れたり停電になる可能性は否定出来ないのでおとなしくしておいた方が良さそうです。

しかし、おとなしくしていない人たちがいました。お昼過ぎ、少しずつ雨風が強くなってきていましたが、黙々と走るランナーは少なくありません。公園には入れませんが、周囲の歩道は信号が少ないので走りやすいのです。所々に出来た水たまりをぴょんぴょん飛び越えながら楽しそうです。観察したところ、男女比は同じくらいで年齢は30代以上が殆どの印象でした。それなりの年齢にならないとちょとストイックな気分で自分を虐める快感は味わえないのかもしれません。

日本の台風では「雨漏りがしないか屋根の様子を見に行って転落して大怪我をした」とか、「海の様子を見に行って波にさらわれた」といったニュースを毎年のように耳にします。近年のジョギングブーム、「ちょっと走りにいって倒木の下敷きになった」なんてニュースを耳にするかもしれません。何しろ僕も走りたくてしかたありませんでした。でも先月嵐の夜に走って体調を崩したし、そこはぐっと我慢しました。ニューヨーク市長も「じっとしてなさい」と言ってたし。

ハリケーン一過を待って走るよ!

 

– 追記 −  一夜明けて

ハリケーン・サンディはアメリカ東部に甚大な被害をもたらしました。地下鉄の完全復旧には1週間かかるそうで、マンハッタンでもダウンタウンではまだ停電が続いています。昨夜はそれほど風の音がしなかったので、このあたりは被害は出ないだろうと感じていましたが、外へ出るとあちらこちらで巨木がなぎ倒されていました。上の写真はいつも僕が走り始める場所です。復旧に向けご尽力されている方々に感謝します。そして一日も早い復旧を祈ります。

 

R95 5.4km「旅先ワシントンDCを走る」

週末を利用して家族で秋のワシントンDCを訪れていました。乗り物と動物が大好きな息子に航空宇宙博物館でアポロ計画の月着陸船を見せたり、動物園のパンダに会ったり、スミソニアン博物館群や米国建国の歴史がうかがえる建造物を訪れるのは、まさに米国の首都ワシントンDC観光の醍醐味です。

でも密かに何よりも楽しみにしていたのは旅行先で走ることでした。どの街にもランナーはいて、それぞれの街のベストな場所には一番多くのランナーが集まり、毎日のように走るホームコースになっているはずです。そこを走ってその街の空気を感じれば、きっと忘れられない旅の思い出になります。

Nike+のウェブサイトによると、アーリントン墓地からポトマック川のアーリントン橋を渡りリンカーンモニュメントとその先のプールを一周する「モニュメントループ」と呼ばれるルートや、ポトマック川沿いのルート、そしてワシントン記念塔を中心としたナショナル・モールがこの街で人気の走る場所のようです。Nike+のウェブサイトでは、地図上に人気のルートが分かるHeat Map(走っている人が多い場所ほど赤くなる)を表示出来るので、どこに行っても走るルートを見つけられそうです。

ナショナルモールのすぐそばに宿泊していたので、モールの中を連邦議会議事堂の前まで行って、その後はワシントン記念塔まで走り、塔の周りを回って戻って来る5.4キロのルートを走りました。こちらがその記録です。

滞在最後の日曜の早朝6時半、外はまだ真っ暗。モールの周りには巨大な石の建築物が沢山あり、昼間は観光客でにぎわっていましたが、空が白む前の街の人影は、遠くを走るランナーだけです。モールの中には土がしかれた一直線の道があり、そこを議事堂まで走り池の周りを回って方向を変えました。ここはオバマさんが大統領の宣誓式をしたのが記憶に新しいですね。

そこから白んでくる空にそびえ立つワシントン記念塔まで2人のランナーとすれ違いました。記念塔をぐるりと回り独り占め、そしてプールの向こうにあるパルテノン神殿のようなリンカーン記念館を見るころには、アメリカ建国に立ち会ったような凄まじい錯覚を憶える程楽しい気分になっていました。走ったからこそ味わえる旅の醍醐味です。

リンカーン記念館は、1963年キング牧師がかの有名な I Have a Dream(私には夢がある)のスピーチをした場所です。1862年にリンカーンが奴隷解放宣言をしてから約100年が経過していました。あらゆる人々の平等と民主的自主政府の原則をうたった1776年のアメリカ独立宣言からは実に200年近くが経過していたことになります。

キング牧師のスピーチから50年後の現代。そしてさらに50年後の未来、この「あらゆる人々の平等と民主的自主政府」という素晴らしいアイディアが実現されることを願っています。

何を隠そう僕はアメリカ合衆国憲法が好きなのです。もっと走ろう!

R94 10km「何着て走ればいいのか?」

随分と肌寒くなってきました。昨夜94回目のラン、気温は12度でした。初夏から走りはじめたセントラルパーク、猛暑だったこともあり、これまではウエアーはどれだけ裸に近いかが重要でした。実際半身裸で走る男は沢山いました。でもこれから秋も深まり極寒の冬に突入するにあたり何を着ればいいのか経験していないので分からず、それが目下の関心事です。

というのも、一週間程前外気温12度でこれは寒いに違いないと思い、ゴアテックス素材のジャケットを着て走りに出たら1キロもしないうちに汗だくになり、その後の9キロは腰に巻いたジャケットが緩んで落ちないか気にしながら走ることになったし、昨夜は同じ12度、半袖で充分と思ったのに途中から体が冷えてしまい今日はあまり体調が良くありません。ダウンジャケットを着たまま仕事をするありさまです。

昨夜に関して考えると、前半に1キロ5分程の僕にしては速いペースで走っていた時は、体もぽかぽか暖まり汗をかいていたのですが、後半左のおしりが痛くなってきたので無理をしないように少しペースを落として走っていたら、今度は汗が冷たい空気にさらされて体が一機に冷えきってしまいました。つまり快適な体感温度で走るためには、一定の運動負荷で走りきるか、ジャケットのジッパーの開け閉めなどで温度調節する必要があるようです。

まわりを見るとフード付きのジャケットを着ている人からノースリーブの人まで様々なのが不思議だったのですが、運動負荷が人それぞれ違うのが理由だったようです。これも経験して分かることです。

そこで役に立ちそうなのがこちらのアプリ。
ランナーズ総合情報サイトRUNNER’S WORLDではシューズの評価やレース情報、トレーニング方法などランナーに役立つ様々な情報が提供されています。このサイトにあるWHAT SHOULD I WEAR?というアプリは、気温や風の有無、太陽が出ているか夜か、涼しく感じながら走るのがいいか、暖かいのがいいかなど、その時の天候とフィーリングを入力すると、その条件に合った服装を教えてくれます。

どうやら昨夜のコンディションだと、ベストを着て帽子をかぶると快適だったらしい。

夏に暑いのを我慢した記憶が強く残っており、なるべく涼しく走りたいと思う傾向がありましたが、寒くて風邪をひいては元も子もありません。ニューヨークの冬は日中でも氷点下、時にはマイナス10度にもなるのですが、そんな中走るにはそれなりの装備が必要そうです。

どんな天候でも楽しく走りたい!