あなたは決してリタイアしない! でも靴はね。

6月の終わりに新しいランニングシューズBrooks Adrenaline GTS 12を購入してからこの GTS 12での総走行距離は750キロになりました。iPhoneのアプリNike+Runningではシューズを登録して走行距離を記録出来るのです。どこのメーカーもランニングシューズは500キロ走破を目安に新しいものに買い替えるよう勧めています。Nike+Runningアプリでも500キロ超えたあたりから、「あなたは決してリタイアしない!でも靴はね。」っとメッセージが出るようになり、そろそろ次の靴の購入を考えるよう促されています。ご丁寧にNikeのオンラインストアーへのリンクもあるのですが、以前もらったランニング専門店からのアドバイスによると僕の足にナイキのチョイスは無いそうです。カッコいいのに残念。

GTS 12について、僕は足の踵ではなく真ん中で着地するし、着地してから後ろに押し出すまで足首がぐらつくプロネーションが無くなるよう意識しているのでGTS 12の強みであるアーチのサポートが無くてもいいのかも、と以前の記事で書いたのですがその後は履いている靴のことは特に意識することなく走り続けていました。結局とてもいい靴だと思います。もしかするとだんだんクッションがヘタってきて丁度よくなったのかもしれません。

とはいえ750キロ。そろそろ新しい靴が欲しいと思い、専門店へ足を運びました。前回お世話になったお店Super Runners Shopはとても的確にアドバイスをもらえて満足したのですが、今回はアッパーイーストにあるランニング専門店Urban Athleticへ行きました。NYマラソンに何度も出場したことがあり、僕の知る限り15年は走っている友人に勧められたマジソンアベニュー沿いにあるこのお店、小さい間口で品揃えも少なくそれでいて賃料の高いであろう場所でビジネスとして成り立っているのだから、他の店には無い特別なサービスを提供しているのだろうと想像出来ます。言い換えるとどうやって商売が成り立っているのか想像出来ない。。。

ここで何を勧められたかというと、やっぱりBrooks Adrenaline GTS。シリーズ最新モデルGTS 13でした。このシリーズはとても評価が高く幅広でアーチの低い僕の足には最適なんだそうです。ですが何か新しいものも試したいし、なによりこのサポートがいらないのではという話をしたら、走り方を見てくれることになりました。表通りを試着した靴で足っている姿を後ろから見てもらったのですが、やはり足の真ん中で着地しているのでサポートにはそれほど拘らなくてもいいということでした。したがって少しチョイスが増えるそうです。ASICSとadidasでのおすすめも試したのですが、一番しっくりきたBrooksのRavenna 3というモデルを購入しました。

110113_049_a_ZM

Brooks Ravenna 3

ちなみに足の裏の真ん中での着地は踵から着地するより負担が少なく効率的に速く走れるそうで意識していたのですが、自然に走るのがより効率的であり無理して走法を変える価値は無いといった趣旨のNYTの記事を今日たまたま発見してちょっと複雑。でも腹筋を意識して着地のタイミングを遅れ気味にして足の裏の真ん中で着地すると、自分は止まっていて地球を玉乗りして回しているような気分が味わえて気持ちいいです。

話は戻って、このRavenna 3はサポートとナチュラルの中間にあるカテゴリーに位置し、GTSよりは弱いサポートで自然な走行性とのバランスを取っているそうです。若干のプロネーションを持ったランナーに最適で、そしてGTS より幾分軽量です。GTSもそうですがこのRavenna 3はソールが足の裏に吸い付くようなフィット感がありとてもいいと思いました。

前から気になっていたBrooks PureFlowについても聞いてみたのですが、なんと答えは「僕らはあの靴は好きじゃないから扱っていない。あれはNike Freeのコンセプトをコピーしただけでランニングシューズとしての十分な機能を備えていない。」でした。Brooks PureFlowはメディアでの評価も高い靴で人気もあるはずなので、売らないというのは相当な自信を持っている証拠です。

東京の寿司屋のカウンターに座りうっかりドラゴンロールは無いのか聞いてしまったような空気が一瞬流れましたが、まさに間口は狭いが一等地に店を構えるその姿勢は大将の寿司屋そのもの。「おかませ」と言っておけば安心なのかもしれません。おかげで満足のいく買い物が出来ました。このラン二ング専門店Urban Athleticはスピードやフォームのトレーニングやマラソンを走るためのトレーニングも行っています。

その後さっそくいつもの10キロを走りました。走り心地はというと最初紐をきつく絞めすぎたようで足の甲が痛くなったのですが、少し緩めたらその後はとてもいい感じでした。新しいのでクッション性が高く、足を後ろに送り出すときに、着地時に吸収した衝撃を前進する力で解放してくれるようで気持ちよかったです。GTSに感じは似てますが土踏まずのサポートはマイルドです。軽さも分かります。僕の足に合っているということなのだと思いますが、Brooksは丁寧にいい靴を作っていると思います。色やデザインはオシャレとは思いませんが、今僕にとってかなりロイヤリティーが高いブランドになっています。いろんなタイプの靴が揃っているのでおすすめです。

新しい靴で走りどんなことがおこるのか楽しみです。

RUN HAPPY! ←Brooksのキャッチコピー

R93 10km「マラソンを走るノーベル賞の山中教授」

夜のセントラルパーク

ノーベル生理学・医学賞を受賞することになった京都大学iPS細胞研究所所長・山中 伸弥教授の趣味はマラソン。昨年10月に走った大阪マラソンを4時間29分53秒で完走し、iPS細胞の研究資金へ寄付を呼びかけ走った今年3月の京都マラソンでは4時間3分19秒という記録を出しています。5ヶ月で26分以上タイムを縮めていることになり、もうちょっとで4時間切る勢いです。1キロ5分30秒位のペースでやっとこさ10キロ走れたと喜んでいる僕ですが、そのようなペースで42.195キロ走る訳ですから、それがどれほどスゴイことかがすぐに分かります。

マラソンを4時間以内で走るのは、走ることを趣味にしているランナーにとって一つの大きな目標であり憧れなのだそうです。確かに届きそうな届かなそうな、やっぱり今の自分には想像すら出来ないその境地を、山中教授は走っているということです。日々トレーニングしているに違いないし、走るのが本当に好きなんだということは間違いありません。

実は僕もハーフやフルにいつか挑戦してみたいという気持ちが湧いてきているのだけど、10キロ走っただけで左足のくるぶしや左のおしりのあたりが痛くなったりするので今はまだ到底無理だと思います。だからもっと走り込みながらフォームを改善しようと意識しています。いろいろ試していると時々いい感覚があるんですよ。

走っているのに前後左右ともに重心が固定されていて、両足とも骨盤からスムーズに回転しいて、なんだか自分は止まっていて両足で道路を景色ごと後ろに押し流しながら滑るような、足の裏で道路をネバっとグリップするような、なんとも言えない気持ちのいいものです。すぐにブレて来て長続きは出来ないけど、まずはこの感覚を持続出来るように体に憶えさせたいです。足首や着地する足裏の角度や、両膝の距離とか骨盤とかいろんな場所を意識しながら走ると、自分の体でありながら車やオートバイを運転するような楽しさがあります。

話は戻りますが、フルマラソンを4時間切りで完走しそうな勢いの山中教授はきっと既に高い技術と体力をトレーニングによって得ているだろうという訳です。ブレイクスルーと言われる程の研究成果を出しながら、マラソンを走り自己記録を更新する山中教授。ノーベル賞受賞のインタビューでは「研究生活は何十年もあるので、早く走りすぎて途中で倒れることのないように。実力以上にペースを上げたらバテてしまう。これまで通りやっていきたい」とマラソンに例えていました。

山中教授の研究しているiPS細胞(induced pluripotent stem cell)とは、皮膚などの細胞を人口的に初期化して、別の組織や臓器の細胞に分化したりほぼ無限に増殖する能力が与えられた細胞(多能性幹細胞)なんだそうです。細胞がプログラムによって初期化されるってしびれます。一体全体そのコードを書かせた摂理とは?やはりビッグバンから始まっているのでしょうか。

もっと走って多能性を手に入れたい!

 

休「ランナーズ天国」

日曜の今日、セントラルパーク沿いより1ブロック西の、コロンバス・アベニューでストリートフェアが開催されていました。ストリートフェアとは歩行者天国になった車道に屋台やマーケットが並び、コンサートなども行わるちょっとしたお祭りです。ニューヨークでは春から秋にかけて各所で催されます。今日はお昼前から家族でこのストリートフェアを少し見物してご飯を買い込み、午後のセントラルパークで食べることにしました。

ところで「歩行者天国」っていつ誰が考えた言葉なんでしょうね。ググってみる気はサラサラありませんが、普段どれだけ「歩行者地獄」なのかってことで排ガスを撒き散らす車が道を埋め尽くす高度成長期を想像してしまいます。それに「地獄」が名物の別府で生まれた僕には親近感があり、ノスタルジックでいいネーミングだと思います。

セントラルパークに72番通りから入りストロベリーフィールズを通って、いつも走っているパークドライブをしばらく歩き、シープメドーが見える辺りのベンチで先ほど買ったご飯を食べることにしました。ここで走る人を見ながら食べたかったのです。

その前に、パークドライブを歩いてみたらいつも走っている風景とは全く違って見えてちょっと戸惑いました。休日の午後で人が沢山いるのはもちろんですが、歩いている分、景色はゆっくり動くので目に入る範囲も広いのです。フェンスの形や歩道の縁石のつなぎ目とか、木の根っことか落ち葉とか、歩く人の表情とか子供が転んだとか。やっぱり一度歩いて一周するのも良いかもしれません。

彼岸も過ぎて涼しくさわやかな秋晴れの午後、僕と妻はカレーを、息子にはマカロニチーズを食べさせながら走る人見物です。やっぱりいいです。走る人はみんなきれいです。でも速そうな人の走り方は 特にきれいです。すぐに分かります。滑らかにそして大きく足が回転して、腕の振りも力強くそれでいて肩の力は抜けている感じ。体もブレずに左右対称、すーっと走り抜けていきます。長距離の場合は加速するのではなく一定のスピードを維持しながら走るのでフォームも一定のサイクルでリズム良く動きます。これは見ているより走りたい気分になります。

去年の今頃も歩きはじめた息子とこのあたりをよく散歩しました。そのころは走っている人を見ても「よく走るよな。」「元気いいな。」と感心はしていましたがそれ以上の興味はありませんでした。

今、目の前の「ランナーズ天国」に気がついて、僕はとてもラッキーだと思います。

さあ走ろう!

 

休「一日2錠食後に服用してください」

自分の力で地面を蹴って前に進み景色が流れていく爽快感はたまりません。このブログでは出来るだけそんな爽快な気分の中で感じたハッピーなことを書き留めよう、そう思って始めました。しかし、そうはならない日はすぐにやってきました。

嵐の夜に走った翌日の午後から高熱を出して寝込んでいました。。病院に行って抗生剤を処方してもらい随分楽になりましたが、仕事の打ち合わせも延期してもらうことになり大変迷惑をかけました。ちょっとはしゃぎすぎたようです。筋力や心肺能力が高まったと喜んでいましたが、免疫力のことは忘れていました。秋晴れの日が続いていますが、大事をとって数日走るのは休むことにします。

走っているとせっかくの風景を写真に納めることが出来ません。良い機会なので週末にでもカメラを持って秋のセントラルパークを歩いてみようと思います。10キロ歩きたいかは分かりませんが。。

セントラルパークでは様々な人がそれぞれのペースで走っています。明らかに80才を超えているだろう高齢の方や、おそらくダイエット中の若い女性や男性。マラソンを走る為にトレーニングしている人。それに歩いている人も沢山います。それぞれが自分の決めたゴールに向かって走ったり歩いたりしています。走るスピードや距離は人それぞれですが爽快な気分はきっとみんな一緒なんだろう、いや、そうであればいいのにと思います。

ところで上の写真、いつもこの通りの向こうから走り始めます。何の役にも立たない情報ですが、左下に見える歩行者用の信号が「渡れ」から「点滅」に変わるのを合図に出発すると、セントラルパークに入るまで一度も信号に引っかからずに進めます。

 

R82 10km「美味しく走ろう」

自然史博物館やセントラルパークのお城 Belvedere Castle に掲げられた国旗が、3分の1程天辺より下げられ、弔意が表さた半旗になっていました。どうしてだろう?リビアの米大使が殺害されたからか、それとも9.11週間なのか。はたまた先月亡くなり13日に追悼式典が行われたアームストロング船長を惜しんでのことだろうか? いずれにしても半旗を見るとそこに込められた国家の意思、尊敬や追悼の念が厳格さをもって伝わってきます。他国のものであれ国旗を踏みつぶすような行為は、とても愚かだと言わざるをえません。

おっと、ニュースを聞いていたら話が逸れました。。。

人類で初めて月面を歩いたニール・アームストロング船長と言えば、月面をピョンピョン跳ねるシーンが印象的です。月の重力は地球の約6分の1。人は地球の重力から解放された宇宙に出ると、筋力は衰え、骨はカルシウムが血液に溶け出してもろくなり、地球に戻ると立つこともままならなくなるので、それを防ぐ為に宇宙ステーションに滞在中の飛行士は、有酸素運動と筋力運動を一日2時間行うのが日課だそうです。地球にいる自分も運動をして少し体に負荷がかかった状態にしておかないと、筋力や循環器系の機能が衰えてしまうことは経験して知っています。だからデスクワークをしている現代人にとって、ワークアウトは食事をするのと同じ、生命を維持する為に必要な活動の一つかもしれません。だったら美味しい食事をとるように、楽しく走ってワークアウトしたいですね。

さて、休日の今日はまだ明るいうちに家を飛び出しパークへと走り出しました。昨日から左の大腿骨の付け根あたりに少し痛みを感じているので、あまりペースを上げないように走りました。10キロを3日続けては走るとどこかが痛くなり、それはいつも左下半身のどこかです。一度痛くなって回復した場所は二度と痛くならないので、筋肉が補ったりフォームが改善されたりしているのだろうけど、おそらく僕の場合、骨盤の動きに問題があり左側に負担がかかりやすい走り方をしているようです。無理をせずゆっくり目に走りながら調整していきます。涼しくなって、1キロ6分ちょっとのペースだと、負荷もかかり過ぎず丁度いいようです。今日はこんな調子でした。

もっと走ろう!

 

R81 10km 「燃焼回路」

Bridle Path Mapセントラルパークには4.2マイル(約6.8キロ)の乗馬専用のコースがあります。南西のコロンバスサークルのあたりから北に伸びレザボアのジョギングコースの外側を一周して、さらに北の野球場があるエリアの外側にも延びているそのコースは、馬が走りやすいように土で固められ、横幅も広い所では5メートル程はありゆったりとしています。まだ乗馬をしている人を見たことはありませんが、早朝に自分の馬を用意させて乗馬を楽しまれている旧家のお嬢様がいても驚きません。

この乗馬道、ジョギングやウォーキングにも解放されています。土は足にも優しいだろうと、最初はこの道をレザボアまで走りました。フルループを回りきれない時は、途中でこの乗馬道に入りショートカットで家まで戻る6キロや8キロを走っています。この道には街灯が無いため足下が見えず、この季節夜に走るのは無理。朝ランに切り替え無ければ。。。と考えていたのだけど、今では10キロのフルループを走しるのが楽しくなり、その心配はいらなくなりました。こちらが今日の記録です。

6キロを超えたあたりから、体の燃焼回路が切り替るのが分かります。それまで一生懸命ふいごを漕いで火をおこして力を生み出そうとしていたのが、すっかり火がおこり後は小さな炭を少しづつ足していけば自然にエネルギーを生んでくれるような感覚です。ここでMacy Grayの曲「A moment to myself」とJETの「Radio Song」がぴったりはまりでした。DJ iTunesは今日もいい仕事してます。

Mrcy Gray, A Moment To Myself

“Here in this moment to myself,  I’m gonna vibe with no one else. There is a conversation I need to have with me.  It’s just a, a moment to myself, yeah, yeah”

彼女のハスキーで小気味よい歌で踏み出す足も速く動きます。そしてJETの「Radio Song」はまったりとした曲と意味深で意味不明な歌詞が今夜にぴったりでした。写真をクリックするとiTunesから試聴出来ます。

JET Born

Do you all know of the emperor’s clothes walking down an empty road. We see what you can see…      This won’t be played on your radio  Tonight  

秋の夜にラジオってなんだかノスタルジックでいいですよね。

もっと走ろう!

 

R74 10km「ランニングシューズ」

5月のはじめに走りはじめた頃は、リーボックのランニングシューズを履いていました。確かあれは6年以上前のこと、ユニオンスクエアーのスポーツ専門店 Paragon Sports のクリアランスのコーナーで、サイズがぴったりだったあのシューズを見つけました。これでイーストリバー沿いでも走ろう!っと当時ローワーイーストに住んでいた僕は、思い立って購入しました。その後2度だけ、5ブロック程東のイーストリバー沿いにあるランニングトラックまで走ったのを最後に、箱にもどされクローゼットの奥にしまわれたままになっていました。3年前にアッパーウエストサイドに引っ越しする時も捨てなかったのはどこか後ろめたさがあったわけで、新たに走りはじめてその靴を履けたのは、貯まったツケを一気に返せたようでとても気分が良かったのです。しかし、履いてはいなかったとはいえさすがに6年も放置していた靴 、経年劣化のせいで固くなったゴム底の一部がアッパーから剥がれはじめ、2ヶ月も立たないうちに新しい靴を買うことにりました。

6月の終わり頃、家の近所のランニング専門店、その名もSuper Runners Shopに靴を見に行きました。お店に入ると絶妙な色合いのNIKEや真っ黒なNEW BARANCE、変わった靴底のADIDASなどが目を引き、どれにしようかわくわくしました。お店の人がさっそくアドバイスしてくれるのですが、まずは裸足で歩いて見ろと言うのです。さらに体重と週に何れくらい走っているのか訪ねられ、「週に5日、距離は4マイル程」っと僕は実際の週4日3マイルより少し多めにそして得意げに伝えました。そして彼女が進めてくれたのが今履いてるBrooks Adrenaline GTS 12というモデルなのです。最初見た目が気に入らず、あのAdidasはダメなの?とか、このオレンジ色のはダメなの?と訊いたのですが、僕の足は「幅広でアーチが低め、地面を踵の外側から足先の内側を使って蹴る傾向があるので、これしかありません。」っと言い切られてしまい、テンションが一気に下がったのを憶えています。見た目は大事なのですよ。どうにも購買欲が下がってしまい目を泳がせていたら、「もしも僕が足の踵からではなく平の部分で着地するならば、PureFlowというモデルは走り安い」とすすめてくれました。随分軽装な感じのこの靴、例えばこれで10マイル(16キロ)走っても大丈夫なのか訊いたら、彼女はこのPureFlowで20マイル走るとのこと。さっき4マイルと僕が得意げに言ったときの彼女の表情の意味がわかりました。さてさて、履いてみるとPureFlowは足先が靴の中で自由に動く感覚、Brooks Adrenaline GTS 12の方はフィット感がありましました。クッション性に優れて、足の内側をサポートすると言うことだっので、このAdrenaline GTS 12を買って、現在この靴で309キロ走るに至と言うわけです。

Brooks Adrenaline GTS 12

とても気に入り、おかげでその後毎日のように走っています。何も考えずに足を動かしてどんな風に着地しても、それをうまく受け止めて推進力に変えてくれるうな安心感があります。 それにこのさえ見た目なんかどうでもいい。というよりこれカッコいいかも?と思うくらいなのですが、実は最近すこし違和感を憶えはじめています。この靴のクッション性や足の内側のサポートは素晴らしいのだけど、もしかするともう少し地面を感じて蹴る感覚があった方が楽しく楽なんじゃないか?とか、そういえば走る時はいつも踵からではなく、足の裏の中心より少し前で着地する様に意識しているし、足の運びもなるべくまっすぐに地面を蹴る様に心がけているので、かえってこのサポートが邪魔になっているんじゃないかとか、走っている間靴に意識がいっている時間が多くなっています。少し走れるようになって、といっても10キロを1時間で走るのがやっとですが、あの店員さんがすすめてくれたこのAdrenaline GTS 12の意味が今とてもよく理解ます。Brooksのサイトにある靴選びのアドバイザープログラムでも、やってみるとこの靴しか出てこないから、それを瞬時に僕にアドバイスしてくれたあの人はさすがですね。というわけで今はもう一つのPureFlowに興味新々。

Brooks PureFlow

しかし冬になったら冬専用の靴がいるのかな? 走るのはタダでは無いですね。でもジムに通うよりは随分安いですよね。

さあ走ろう!

 

R68 10km「日没が早くなった」

8月も後半。随分日が短くなりました。西81番通り。左手には古風で上品な、そして大きなコンドミニアムのビル群、右手には背の高い街路樹が連なっていて、その向こうにはアメリカ自然史博物館のプラネタリウムが見えます。正面のパークに向かい走りはじめます。パークに生い茂る木々の上に広がる夕方のやさしい青空の真ん中に、真っ白な飛行機雲が一直線に突き抜けていました。

午後7時半から走りはじめて8時過ぎにはもう夕暮れです。セントラルパーク内では街灯があるパークドライブを走るには問題ありませんが、フルループを回りきらずに、95番通りあたりでループを外れパーク内を東から西に横切る際に利用している、 レザボア(貯水池) のさらに外側のダートコースは、街灯が無く足下がよく見えずに危険なので、もう少ししたら対策を考えなければなりません。なにしろサマータイムが終わればさらに1時間早く日が暮れるわけだから、思い切って朝ランへ切り替えた方が良さそうです。しかしながら人生ですっきり早起き出来た日が一日でもあったか思い出せない程に朝は弱い。そこが問題だ。

西81番通りからパークに入りフルループを反時計回りに一周する場合、後半7から9キロあたり、最北をぐるりと回り切った後に続く上り坂が難所ではあるのですが、そのころはもう心が体を半分抜け出したような不思議な感覚になっているので、それほど辛くはありませんでした。後ろに蹴りだす足を軸にして体を前傾に気味にテコのように、腕をスロスカントリースキーのストックのように使うと、スイスイと坂を上って走れているような気がしました。

そのころ木の陰からのぞく西のそらに、半月が浮かんでいて、鈴虫の鳴き声に囲まれます。どこに住んでいても風流です。早くも秋の気配を感じています。

季節が流れるのは早いものです。

HAPPY RUN