SFのような21世紀はもう来ている?

R124 10k

21世紀も二桁年に突入していますが、未だジェームス・ボンドは仕立てのいいスーツとネクタイ姿で、カフスボタンが外れていないか気にしながら、諜報活動に勤しんでいます。そしてストレートチップの革靴。ひげ剃りもシェーバーやT字カミソリなど使わずに、直刃の剃刀でとおしているのだから、あれはやはり革底なのでしょうか。

007は好きなのですが、実際スーツを着てネクタイを締め、さらに革靴を履くとともて窮屈です。慣れればその窮屈さが気持ちを引き締めていいのだと思いますが、毎日仕事で着るユニフォームとするのには、機能性が欠け過ぎではないでしょうか。特に暑い日にネクタイをしてスーツを着なくてはならないビジネスマンを見ると、なんとも言い表せない不思議な気持ちになります。野暮を承知でいうとジェームス・ボンドだって、実際あのスーツと靴で濡れた石畳の上を走ったり、切り離されそうになった列車に飛び移るのは至難の業でしょう。

DC17525AT

21世紀になれば、SF映画やあるいは『ドラえもん』ののびたが、しずかちゃんと結婚している未来のように、体にフィットしていてボタンやファスナーといったものが見当たらない、そして大胆な切り返しのデザインの服を着ているものだと思っていました。70年代高度成長期のスーツ、鞄や眼鏡や小物などを現在のものと比べると、全体的には確実により着やすく使いやすい方向に進化しているようには見えますが、ビジネスシーンを見るとスタイルとしてはさほどの飛躍は無いようです。

ところがスポーツウエアに至っては実はほとんどスタートレックの様な世界に到達しています。特にYOGAとランニングはその傾向が強いと思います。スニーカーはもちろん、服には動きやすさや通気性が追求され、また生活に深く浸透しているのでファション性も高く他のスポーツよりもより進化の速度が速いのかもしれません。ニューヨークではヨガやランニングをする女性が多いので、週末ともなればピッタリした伸縮性のあるパンツに、同じく体にフィットしたトップスを着て歩いている人は普通に多いです。これはもうほとんどスタートレックのディアナ・トロイでは無いでしょうか。

スポーツウエアは、ハイテク素材が使われていて高い伸縮性なうえ、裁断も立体的で体にフィットして、とにかく動きやすく出来ています。だからこの着心地を一度味わうと、ジーンズでさえ窮屈に感じ、いつもジャージを着ている人の気持ちがよく分かります。そこでやっぱり思うのですが、ビジネスシーンにも耐えられるこういった動きやすい服は無いものか。(もちろん僕がザッカーバーグかスティーブジョブズなら、今日から迷わずハーフジッパーのジョギングウェアを、毎日欠かさずどんな場所でも着ると思いますが。。。)

スタートレックは2300年代の話なので、移行するにはまだまだ大分時間がかかりそうですが、方向としては少しずつ、揺り返しながらもそこへ向かっているようです。燃えやすい?という疑問はありますが、スポーツウェアから目が離せません。

Untitled-1

サイボーグ009の様なこちらのトップスは、ヨガとラン二ングウェア専門店Lululemonnのもの。日本には一度進出して撤退したようですが、NYでは人気があり、高いブランド力を持っています。NYはそれだけランニングやヨガの人口が多いという事でしょうか。

今日は気温9度と暖かかったので久しぶりにキロ5分30秒を切るペースで10キロ走ることが出来ました。

もっと速く走りたい!