42.195kmの半分と小出監督とQちゃん

R147 21km

_DSC0058_1
5月18日に開催されるハーフマラソンに参加することにしたので、それまでの間、小出監督の著書『マラソンは毎日走っても完走できない 「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42・195キロ』に出ているレース3ヶ月前からの練習メニューを出来るだけこなしたいと励んでいます。この本、使える時間や走力のレベルに合ったトレーニング方法を丁寧に説明しているので、あまり無理をすることなく、でも効果的にトレーニングが出来そうです。それに実践的なトレーニング法が書いてあるばかりでなく、金メダリストの練習やオリンピックでのエピソードも綴られ、選手や走ることへの愛情たっぷりの良本です。苦しすぎて走るのが嫌いになってしまっては継続出来ないことを説いているし、走る準備段階の足腰づくりから説明されているので、「ちょっとダイエットのために歩くところから始めてみようかな?」という方にもおすすめです。

毎週日曜を、週に一度の20~25キロを走る日としました。昨夜はハーフマラソンの距離を走るのは2回目で、先週よりはペースも上がりましたが後半はやはりきついです。そして2時間は長いです。テンポがぴったりの音楽がかかると地面を押し出すリズムがとても気持ちよかったり景色を楽しんだり出来ますが、さすがに残り5キロ位になると疲れが溜まってしまい、終盤は徐々にスピードを上げる予定でしたが、ペースをキープするのがやっとでした。でもこの「やっと」の時間が次のステップに繋がっていくんですね。ほんの少しだけでも「やっと」をやることで心肺や足腰が鍛えられると小出監督の本は教えてくれます。

先日、女子マラソン金メダリストの高橋尚子選手が、シドニーオリンピックで金メダルを取るまでの道のりを、映像を交えながら語る『高橋尚子 激走 42.195km』というタイトルの動画をネットで見つけて観たのですが、シドニーで一番にゴールした後、きょろきょろと小出監督の姿を観客席に探す高橋選手の姿が印象的でした。その時小出監督は少しでも早く高橋選手の元に行きたいとスタジアム中を走り回っていたのです。走るのに興味もなかった以前は、シドニーオリンピックの頃もそれ以後も、テレビで「Qちゃん」「Qちゃん」と言っていてもなんのこっちゃと思っていましたが、「Qちゃん」と「小出監督」の物語は感動的です。監督の本の中に出てくるエピソードと重なる部分もあるので本と合わせて観たい動画としておすすめです。金メダルをかけて競い合ったライバル、リディア・シモン選手のインタビューも泣かせますよ。検索するとすぐ見つかります。

人生も小出監督のように信頼出来る指導者がいたらどんなにか心強かっただろうと思います。でもこればかりは自分自身の心に従うしかありません。だから2時間は長いのですが、こうして走りながら考え事をしたり自分自身と向き合える時間を持つことは力強く人生をおくるための有効なトレーニングでもあると信じはじめています。

もっと走ろう!

雪のセントラルパークを走る

R132 5K



8日金曜日から翌朝にかけてアメリカ北東部をスノーストームが襲いました。地域の航空会社が2400以上の便をキャンセルしたそうで、ここマンハッタンでは8日金曜日の午後から翌朝まで降り積もった雪は30センチ程になりました。

ストームが去った翌朝は快晴の土曜日。沢山の人達がそれぞれに雪を楽しむ休日となりました。ニューヨークはここ数年雪が少なく、昨年は一度も雪らしい雪が降らなかったので、待ってましたとにわかに興奮している自分です。

郊外での除雪状況は知らないのですが、マンハッタンでは夜どおし除雪車が走り主要な道は除雪されるし、歩道はビルのオーナーが凍結防止剤をまいたり雪を取り除いたりします。道路と歩道の間に溜まった雪の固まりがなかなか溶けて無くならず歩きにくかったりはしますが、これくらいの雪は慣れたものです。街ではその雪の固まりをひょいっと飛び越えながら走るランナーを何人も見かけました。

セントラルパーク内でも主要な道は除雪され、市民が公園で走ったり歩いたり出来るように整備されます。パークドライブや遊歩道以外は雪が残されているので、そり遊びをしたりクロスカントリースキーをしたり、雪だるまを作ったりと楽しみ方は沢山あります。パークドライブを走る人も沢山いましたが、雪道を走りトレッキングを楽しんでいる人も沢山みかけました。今日日曜日も晴れ渡り、気温も2度位にまであがりました。子供とソリ遊びを楽しんでから僕もひとっ走りしてきました。

photo連日息子の乗ったソリを丘の天辺んまで引っぱり、滑り降りるソリを後ろから走って追いかけ、下まで降りたらまた上まで引っぱり上げるというのを、40回以上は繰り返したせいで腕が筋肉痛です。でもこれだけ働いても足腰は何ともないのは普段走っているおかげです。今日はさらに追い込むトレーニングをしてみました。数日前にKindleで『マラソンは毎日走っても完走できない 「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42・195キロ』を購入して暇な時に読んでいるのですが、マラソンを走るためのトレーニング法がわかりやすく書かれていて、実践してマラソンに出たい?という気にさせます。

手始めに最後の500メートル位を全速力で走ってみました。全速力で走ることって普段の生活で無いです。それが足も腕ももうこれ以上速く強く動かせないところまでグングン動かして走るのだから、別次元で気持ちよかったです。実は41才の誕生日の朝、ちっと孟ダッシュする事情が生じたのですが、10歩も進まないうちに足が絡まり転倒してしまいました。イメージに体がまったくついて行けなかった訳です。無理もありません。おそらく過去10年は全速力で走るなんてしてなかったんだから。

今回は普段走っているおかげで転ぶことはありませんでした。全速で走ると体中が飛び跳ねる衝撃で揺れて、股関節も最大限に動き、頬も震えているのがわかります。まるで競争馬になったような気分でした。他人からどう見えたかは知りませんが。

全速力で走り心肺や筋肉をギリギリまで追い込むことでそれらの機能を高めることが出来るのですが、ランニングフォームを整えるのにも最も効果があるそうです。

雪景色を楽しみながら今日はひと味違ったランニングが出来ました。

photo copy

明日も走ろう!